Destrose – “Destrose” (2013) JAP version

Label: Flyingcat Records

復習 バイTony Cannella

バイYuvica

驚く事に、ここ最近は本当に強力なメタルバンドが世界中から現れています。それ故にトップに居続ける事も容易ではありません。

特に、日本では既に知られた存在ではありますが、女性メンバーのみで構成されたメタルバンド、DESTROSE が最高のバンドの一つだと聞いています。

結成は2005年、そして自らの名を冠した傑作的なアルバムをリリースしています。

私を惹き付けた DESTROSE の魅力は、彼女達がいかにメタルであるかでした。

私自身、彼女達に何を期待していたのかは定かではありませんが、このバンドには明らかな Iron Maiden や Helloween のようなパワーメタルの影響があり、私の想像をも凌駕していました。

ソロパートやギターのハーモニーにより舞い上がる楽曲、それはバラード等のそれとは違い、まぎれもなくメロディックメタルにまっしぐらな作品です。

インストゥルメンタル曲の The Generations of Chaos による素晴らしい幕開けで、私はすぐさま夢中になってしまいました。

そこから投ぜられる圧倒的な楽曲、Headless Goddess。この曲は激しく打ちひしぐ様なリフやセンスの良いギターハーモニーによって担われています。

その力強いリフ演奏は次の曲、Sword of Avenger によって尚更極まって行き、もう耳から離れなくなってしまいます。

そこからメタル的なリフは他の数曲と共に SkykillerRomancerDestination といった曲に続いて行きます。

DESTROSE は Babel Entertainment (www.babelentertainment.com) によってアメリカ合衆国でのコンサートが行われ、2014年3月14日~16日にもカンザス市にて開催予定です。

もしあなたが近くにお住まいなら、イベントをチェックする事をお勧めします。願わくば、今後の合衆国の他の地域でのコンサートも期待したいですね。

Rating – 94/100

 

トラックリスト

  1. The Generations of Chaos
  2. Headless Goddess
  3. Sword of Avenger (remix)
  4. Skykiller
  5. Destination (album version)
  6. Romancer
  7. Fenixx (album version)
  8. Lifer 13
  9. Nostphilia (album version)
  10. 破壊の薔薇

 

メンバー

  • Marina – Vocals
  • Mina – Guitar
  • Narumi – Guitar
  • Miho – Bass
  • Haruna – Drums

 

 リンク

Facebook * Site